効果測定のポイントについて

企業によっては、どのような点でその動画広告に効果があったのか判断するのか疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか。基本的に効果の測定ポイントにおいては以下の点が挙げられます。

まずはアクションが得られたかです。特にブランド訴求を目的に動画広告を配信されている方は、アクションの得られた数が効果の測定ポイントとする方が多いです。では、どのようにアクションを知ることができるのでしょうか。それはSNSの特徴でもある共感ボタンです。それぞれのSNSによってそのボタンは異なりますが、一例を挙げるのであればシェア数などが挙げられます。基本的に多くのユーザーにおいては興味のない内容である場合、シェア数などのボタンを押してアクションを起こすことは少なく、シェア数が多ければ一定のブランド訴求の効果を得られたと考える方もいます。

その他の測定ポイントとしては、リピーターの数です。動画広告をSNSで配信する方の中に定期的にユーザーにアクセスしてもらうことを目的として投稿をしている方もいます。リピーターは何回もその動画を視聴してくれる方です。もしリピーターが多ければその分動画で紹介している商品に興味があり、測定ポイントの一つになります。