自分で質の高い動画を作れない方へ

現在では、スマートフォンなどを利用すれば動画を撮影することは容易です。例えば、ご家族をお持ちの方の中には家族の様子を収録するためにホームビデオ撮影をしている方もいるでしょう。他人にみてもらうことが目的ではなく、自分で後に見返す動画であれば自分で撮影をしてなんら問題はないかもしれません。しかし、他人にみてもらうことが目的で動画制作をする際には注意が必要です。

例えば、他人にみてもらうために動画制作をする時は興味を惹きつけたり、面白いと思ってくれる動画を制作しなければ最後まで見てくれる可能性が低くなります。つまり、クオリティーを上げ視聴者が最後まで見てくれる動画を制作しなければなりません。動画制作に精通した企業においては、自社で制作を行うことができます。一方で今まで動画制作をしたことがない方は、果たしてクオリティーの高い動画制作を行うことができるのでしょうか。

基本的にSNSで配信する時も動画広告の目的は他の人に最後まで見てもらうことです。そのため、動画制作会社に依頼して質の高い動画をSNS上で配信されてみてはいかがでしょうか。基本的に動画制作会社に依頼をすれば動画制作に精通しており、プロの撮影者、プロの編集者が対応してくれるので多くのユーザーを惹き付ける動画制作を実現できるかもしれません。

効果測定のポイントについて

企業によっては、どのような点でその動画広告に効果があったのか判断するのか疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか。基本的に効果の測定ポイントにおいては以下の点が挙げられます。

まずはアクションが得られたかです。特にブランド訴求を目的に動画広告を配信されている方は、アクションの得られた数が効果の測定ポイントとする方が多いです。では、どのようにアクションを知ることができるのでしょうか。それはSNSの特徴でもある共感ボタンです。それぞれのSNSによってそのボタンは異なりますが、一例を挙げるのであればシェア数などが挙げられます。基本的に多くのユーザーにおいては興味のない内容である場合、シェア数などのボタンを押してアクションを起こすことは少なく、シェア数が多ければ一定のブランド訴求の効果を得られたと考える方もいます。

その他の測定ポイントとしては、リピーターの数です。動画広告をSNSで配信する方の中に定期的にユーザーにアクセスしてもらうことを目的として投稿をしている方もいます。リピーターは何回もその動画を視聴してくれる方です。もしリピーターが多ければその分動画で紹介している商品に興味があり、測定ポイントの一つになります。

効果を最大限にするためには

動画広告の配信をSNSで検討している方の多くは、最大限の効果を得たいと考えている方も少なくないでしょう。SNSには先程も述べたように、利用者数が多いので多くの人の目に留まる可能性が高くなりますが、その分動画広告を配信しているユーザー数も多いため、他のユーザーと競争をすることになります。

効果を得るためのポイントとしては、わかりやすく動画制作を行うことです。動画はサイトのコンテンツと同様にわかりやすく作らなければ最後まで見てもらえる可能性が低くなります。例えば、フライパンを制作する会社が動画広告をSNS上で配信するケースでは、調理している内容だけを撮影しその動画を配信したとしても、視聴者はこのフライパンは他のフライパンに比べてどのような点で優れているのかを映像から確認することができません。そのため、わかりやすく伝えるためには動画を編集してテロップなどを出したりすれば、視聴者はそのフライパンの特徴を理解しやすくなります。

わかりやすく伝えるだけでなく、動画の時間も考慮しましょう。動画の時間に関しては、短すぎると動画広告の内容が軽薄になります。長過ぎると最後まで見られない方もいるので、適切な尺を設定して動画制作を行い、貴社の商品を宣伝されてみてはいかがでしょうか。

SNSで動画広告を配信する

SNSと言う言葉は現在では多くの方が知っており、実際に普段の生活からSNSを活用して情報配信をしているという方も数多く存在しています。SNSでは、現在複数のサービスがあります。例えば、そのSNSを利用する大多数のユーザーが投稿した内容を閲覧できるタイプ、一対一でやり取りをするタイプなどさまざまです。SNSは日本だけでなく全世界で利用されているため、もし海外の言語を流暢に話すことができる方であれば、海外に住むユーザーともやり取りができます。

現在ではSNSを利用して動画広告を配信する人が多くいます。動画広告とは、それを配信することで自社商品などを紹介することができます。これにより、商品知名度の向上などを期待することができ、実際に利用して利益を上げている企業は数多く存在しています。では、何故動画広告を配信するためにSNSが活用されているのでしょうか。その理由は複数あります。

理由の一つとして挙げられるのが、利用者数が多いという点です。利用者数が多ければ多いほど、その分広告として作った動画を見てくれるユーザーが多いため、多くの方に見てもらえる可能性があります。ウェブ上にホームページを公開して紹介しているところもありますが、一定のアクセス数が見込めなければその動画をみてもらうことは難しくなります。一方でSNSは他のユーザーと気軽に繋がることができますから、Webサイトよりも効果を得られる可能性があります。

今回はSNSを活用した動画広告について紹介します。